【Canvasの使い方まとめ】ー Hiyori ー

Canvasとは

Canvasとはオンライン学習管理システムのことです。このシステムを使うと講師と受講生のやりとりがスムーズに行え、出されている課題の状況把握、成績の確認、そしてディスカッション機能を使ってグループで作成したオンライン発表や討論会を可能にします。

コンコーディアでは、一部の教授がこのCanvasというオンラインシステムを使い授業を進めていきます。

〈主な使い道〉

Announcement

教授が生徒たちに向けて何か緊急で連絡する事があった場合、Announcementsにポストされます。(教授の欠席連絡や、オンラインクラスへ変更など)

Assignment

そのクラスで課される全ての課題の内容、そして提出場所が入っているタブです。

(課題の提出方法は下記参照)

Discussions

このタブは授業中に小規模な課題やディスカッションを行うときに教授が問題定義を明確にするために随時まとめてくれる場所です。このタブを使って授業中に行ったグループでのディスカッションのまとめを送信して皆と情報共有をしたりします。

Grades

名前の通り、成績を確認する場所です。自分が作成した全ての成績、授業態度そして出席態度などが確認できるページです。

Syllabus

授業で使うZoomのリンクや、Course Summaryがまとめられているページです。

〈Assignment/Discussionから課題を提出するまでの流れ〉

・Assignment

  • Assignmentを開く
  • 課題を選択
  • Wordなどで作成した課題のファイルをSubmissionの所に添付する

(何人かで作成した課題の場合、代表で1人提出すれば良い)

・Discussion

※授業中に使われるDiscussion tabでの提出方法もほとんど同様です。

ただし、Wordで作成したファイルを添付して提出するのではなく、直に打ち込んで提出します。

【Canvasの使い方まとめ】ー Hiyori ー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。