どんなところに住んでた??

こんにちは!アンバサダーのHikariです 🙂

今回は、カナダに来て最初のホームステイの状況や、友達などに起こった実際のやばい話などを赤裸々に紹介します!

最初の3ヶ月間は、バンクーバーの隣街のバーナビーというエリアでホームステイをしていました。。私のホストファミリーは、フィリピン人とてもアクティブな人たちでした。なので、週末は、一緒に近くのジムで、スンバというフィリピンのダンス教室に通ったり、山にハイキングに連れて行ったりと、様々な場所に連れて行ってもらい、いい経験ができました!

一方で、私の知り合いに起こったやばいホームステイ情報シェアハウス情報もあるので、紹介します。

まず1つ目は、食事が合わなすぎる場合がある。ホームステイでのご飯が、日本人の口に合わない味だったり、美味しいけど、量が一口サイズの食事を出されたり、食事に関して日本では考えられないことが起こったそうです。

なので、カップラーメン、めっちゃ必須です!!!カナダでも購入できます!

2つ目は、多国籍がゆえに文化が独特すぎる場合がある。主にシェアハウスでの出来事ですが、バンクーバーは多民国なので、色々な国から来ている方々がいます。そのため、家の中がカレーの匂いが充満していたり(インド人)お風呂にほとんど入らない人もため、家の匂いが臭いなど、匂いの問題も多々聞きます。

3つ目は、シャアハウスでの契約が雑すぎる場合がある。シェアハウスでは自分で契約などやりとりをしないといけないのですが、ある友達は来月から住めると決まっていたのにも関わらず、急に連絡ができなくなって、入居ギリギリに契約が破棄になってしまったそうです。ギリギリで探し直さないといけないというケースもありました。

それもこれも、留学の経験の一部ですし、ラッキーなホームステイ先にあたる場合もあるので、皆さんが渡航する機会があって、ホームステイ、シェアハウスに行くときに、いいところに当たることを願っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。